WordPress

サーチコンソール 登録方法

ブログを運営する際に「データを見る」というのは重要なことです。
特にSEO対策にも重要な「検索」に関するデータは「Search Console(サーチコンソール)」というツールを使わないと見れません。

サーチコンソールを使うことで、検索に関する改善点、Googleからどのような評価を受けているかなどが分かります。
SEO対策を効率よくしたい方は、ぜひサーチコンソールは導入してみましょう。

サーチコンソールって

サーチコンソールは検索に特化したデータを見ることができ、

  • 特定のキーワードでの順位
  • 検索順位の変化
  • 検索流入の状況や変化

などが分かります。

また、

  • 被リンクの状況
  • ページがインデックスされているかどうか(URL検査)

なども確認できます。

グーグルアナリティクスだと、単純なアクセス数は分かりますがSNSなど検索以外の流入も含めているので、サーチコンソールを使うことでより効率よくSEO対策ができることにもつながります。

サーチコンソールの登録方法

サーチコンソールはグーグルのサービスなので「Googleアカウント」を持っていることが前提です。
ない人はGoogleアカウントを作っておきましょう。

Googleアカウントの作り方はコチラ

サイトのURLを入力

サーチコンソールの登録
プロパティを追加で、URLを入力。
ドメインとURLプレフィックスの2つが出てきますが、「URLプレフィックス」の方にトップページのURLを入力します。

所有権の確認。HTMLタグ

次に所有権の確認というサイトとサーチコンソールを連携させる作業があります。
やり方は何通りかあり、どれでも連携させることは可能ですが、その中でも「HTMLタグ」は作業自体はコピペのみなので、今回の記事はこれで説明します。
サーチコンソールの所有権の確認
いくつか方法が提示されてますが、「HTMLタグ」を選択。
すると、コピペするHTMLタグが表示されます。

サーチコンソールのHTMLタグ
ただここを見ただけだと、コードをコピーするのは良いけどどこに貼り付ければ良いのか?
実はちゃんと決まっていて、WordPress内の「外観→テーマエディター→テーマヘッダー」になっています。
ただし、テーマヘッダーもぱっと見はひたすらHTMLタグが羅列されていて、分かりづらいかも知れません。

このタグの中に『</head>』というタグがあります。

補足
パソコンで『Ctrl+F』で画面内の文字を検索することもできます

『</head>』の1行上にコードを貼り付ければOKです。
タグの位置
タグが入ったことを確認したら、さきほどの画面の『確認』をクリックします。
サーチコンソールのHTMLタグ
ここまでやると『所有権を確認しました』という旨の表示が出ます。

サイトマップを送信

最後に行うのが『サイトマップ』の送信。

サイトマップとは、サイト上のページや動画などのファイルについての情報や、各ファイルの関係を伝えるファイルです。Google などの検索エンジンは、このファイルを読み込んで、より高度なクロールを行います。サイトマップはサイト内のどのファイルが重要かを Google に伝えるだけでなく、重要なファイルについての貴重な情報(ページの最終更新日、ページの変更回数、すべての代替言語ページなど)も提供します。
Search Consoleヘルプ

少し難しい書き方をしていますが、サイトマップを作成することで検索順位を判断するGoogleの『クローラー』を呼び込み、サイト・ブログ内のページのインデックスを促進する効果があります。
サイトマップを作成と言っても難しい作業はなく、サーチコンソールですぐにできます。

サーチコンソール内の『サイトマップ』へアクセス。
サーチコンソールのサイトマップ

『新しいサイトマップの追加』の箇所で『sitemap.xml』と入力すればOK。
サイトマップの入力
入力したら、送信でサイトマップの作成・送信は完了です。

これでサーチコンソールは正常に稼働しますが、検索のデータなどは集まるのに時間がかかるので、まずは気長に記事を増やしていきましょう。

SEO対策にサーチコンソールは必須

データが集まってくると、サーチコンソールを使うことで、

  • どんな検索キーワード(クエリ)でアクセスしているか
  • 狙っているキーワードは何位で表示されているか
  • どのキーワードでどのくらいのアクセスがあるか

などが分かるようになります。

サーチコンソールのデータをもとにSEO対策を行うことも多々あります。
ブログでSEO対策を意識される場合は、必ずサーチコンソールの設定からしっかりやりましょう。

-WordPress
-, , ,